たまにはこんな日もいいよね

去年出産をし、今は専業主婦として育児に奮闘する毎日を過ごしています。最近は子供がつかまり立ちをするようになり、よりいっそう子供から目を離せなくなりました。そんな私の日常は子供中心で、おむつを替えて離乳食をあげてミルクをあげて子供の相手をしての繰り返しです。

 

その合間に掃除や洗濯をします。めんどくさくて自分のご飯は冷凍食品やお菓子ですませてしまいます。毎日毎日自由がないことを痛感しています。子供が産まれてから子供を預けて友達と遊んだことがなかったのですが、この間高校時代の友達からバスケットボールの試合を観に行かないかと誘われ、旦那にこのことを言うと快く送り出してくれました。

 

一人で歩くことすら慣れなくてとても新鮮な気持ちになりました。荷物もいつもは水筒やおむつ、哺乳瓶などいろいろと持っていかなければなりませんが、一人なので自分の荷物を持っていくだけでいいので軽く感じました。友達とおしゃべりしながら電車に揺られている時間が幸せでした。

 

特にバスケットボールに興味があったわけでもなく、もし子供がいなかったら行ってなかったかもしれません。一人で外に出れる口実ができたことに喜びを感じました。もちろん子供のことは愛しています。日々成長していく子供の姿を近くで見れることは本当に幸せです。それでもたまに一人でほっとする時間がほしくなります。

 

旅行に行ったり、カフェでゆっくりコーヒーを飲んでいる人を見ると羨ましくなります。人間ってつくづくないものねだりをする生き物だなと思いました。短い時間でしたが自分だけの時間を過ごすことができて幸せでした。

 

車の寿命は走行距離何万キロ?